日本においては一昔前はお見合い結婚が主流でしたが、
現代社会では恋愛結婚がいいという認識が高まっていて、
実際結婚した人の中でお見合いで相手を探した人の割合というのは
わずか5.2%となのだそうです。

昨今、婚活が注目され始め、結婚相談所に登録して結婚相手を探す人が増え、
お見合い結婚は再び注目されつつあります。

お見合い結婚のメリットは相手の収入、
職業といった身元が事前に分かっている点です。

結婚後の事を考えて相手を選ぶことが出来る分実は離婚率が低いのです。
実際に恋愛結婚の場合の離婚率が40%程なのに対し
お見合い結婚の離婚率はわずか10%程度、
というデータを見れば、それは明らかです。

恋愛結婚はどこか相手に夢を見ている部分があり、
お見合いの方がシビアに相手を選んでいると言えます。

最初から結婚を前提とした交際なので結婚に発展しやすいのも利点です。
結婚を意識する年齢で相手を探すのならお見合いという形がいいかもしれません。
相談所の場合、プロがサポートしてくれるので
より結婚に結びつきやすいということが言えます。